09:00 - 18:00
日曜・祝祭日
2017年02月12日
ブログ

空室解消リフォーム、七重浜の物件にて実践中。

七重浜は物件激戦区


個人的な感想なのですが、特に北斗市七重浜は入居待ちの物件、非常に多いように思われます。

しかも物件それぞれの内容を見てみると、これといった欠点が見当たらないものも多い・・・。

今回、新たな空室が生じご依頼を受けた物件も、そんな中のひとつ。

以前に募集していた際の画像は↓


2LDKで¥45,000のこのお部屋、数年前だったら文句なしに決まったのでしょう。

でも、このお部屋も入居者が決まるまでに長い空室期間を経験してしまったそうです。


リフォームは要点をしっかり把握して


この物件のターゲットがどの層になるのか(※いろいろな状況を踏まえて導き出していきます)、それに合わせてお部屋の雰囲気を変えたいので、いろいろと模索中です。

あと、大家さんを久々に現地へお連れした際におっしゃっていたことも気になりました。

「記憶していたよりも部屋が小さく感じるのは気のせいだろうか?」

なるほど、それは客観的で冷静な意見。


全部を解消するにはお金がかかるけど、印象を変えることはできる


お部屋が実際の面積よりも窮屈に感じられてしまう主な要因としては

天井が低い、あるいは天井の色合いが濃い系統の色の場合
開口のない純粋な壁面が少ない場合
リビングの場合、窓以外の開口(出入口・扉)が分散してあるのも原因となります。

この場合、下の2つに該当しそうです。

いずれにしても大家さんとの共通認識として「明るく開放感がが生まれ、単身者にも対応できる内装にする」ということは決まりました。

現在の理想としてはこんな感じでしょうか↓


お部屋は今月中には仕上げる予定です。
お楽しみに!!

この記事を書いた人
宮崎 拓馬 ミヤザキ タクマ
宮崎 拓馬
賃貸管理という業務を通じて、日頃から多くの大家さんや入居者さんと接しております。その中で感じたこと、皆さんに是非お伝えしたいこと、何かの助けになれるように毎日ブログを通じて情報をお届けしておりますので、お気軽にお声掛けくださいませ。
arrow_upward