09:00 - 18:00
日曜・祝祭日
2017年06月17日
ブログ

【大家さんへ】準備しておきたい、設備の交換

皆さん、アパート・マンション・貸家でこれまで設備の大規模な入れ替えなどは経験されましたか?

まだという方。これらのタイミングは、ある日突然訪れるものですよ。

しかもよりによって、同タイミングに立て続いて。

心構えをしておきましょう!


新築してから概ね10年で設備品の大抵のものはその耐用期間を経過してしまいます。

それも「長いもの」でいえば、です。

必ずしもそうとは限りませんし、日本の製品は品質がいいので長持ちする場合がほとんどです。

でも冷暖房機器・ボイラーやシンク・ドレッサーあたりはこの10年程度のサイクルで一定数不具合が出てきます。

保証期間について言えば、温水洗浄便座などは1~2年。あっという間です。

これらを想定し勘定しておかないといけませんね。

一件起きてしまうと連続するのが宿命です

同時期設置の設備ですから、壊れたり不具合が出だすのもいっぺんに来てしまうのです。

当社の管理物件でも、同様に交換のタイミングがやってきた物件がありました。

今回、快く応じて下さったオーナー様、さすがです。

 

先延ばしできるようなものではありませんし、大家業をやっている以上は避けて通れない問題。

残念ながら、しばしばこの部分の認識に欠けているオーナーさんと対峙することがありますので、当社ではお付き合いさせていただくオーナー様には、この辺のことを事前に確認しておくように心がけています。

大切なお客さんをご紹介させていただく以上、ここは妥協するわけにはいかないところ。

仲介業者を介して大家業をする皆さん、「業者と良好な関係を維持して経営していく」という部分においても、この部分はぜひご理解いただきたいと考えております。

この記事を書いた人
宮崎 拓馬 ミヤザキ タクマ
宮崎 拓馬
賃貸管理という業務を通じて、日頃から多くの大家さんや入居者さんと接しております。その中で感じたこと、皆さんに是非お伝えしたいこと、何かの助けになれるように毎日ブログを通じて情報をお届けしておりますので、お気軽にお声掛けくださいませ。
arrow_upward