09:00 - 18:00
日曜・祝祭日
2017年06月26日
ブログ

【管理ブログ】アパートのリフォーム事例2

「退去時のクロス交換」「経年による内装改修」なども、お部屋のイメージを変える良いタイミングです。

この物件の場合は、かつて和室だった部屋をフローリング化していた面影があるのが弱点と判断。

ただ、壁紙の張替が必要なのは4面中の2面だけで、予算もその部分のみ。

現存の壁紙と建材とのマッチングを考え、かつ効果的にイメージを変えなくてはいけません。

 

内覧希望者を引き出す部屋作りを

「ここまでする度胸がない」

「ここまでする意味があるのか」

そういった疑問をお持ちになるかも知れませんが、事実当社ではこのレベルまでやって、お部屋を成約に導いています。

近年のお客様は「賃料相応か」「引っ越す価値があるか」をシビアに判断されます。

単に「お洒落」とか「ユニーク」とかというアピールだけではなく、オーナーさんが「愛着を持って運用しているか」「いろいろ考えて下さる大家さんだろうか」という内覧者さんの不安面に対して、無言で表現できるいい機会を逃してはダメなのです。

この記事を書いた人
宮崎 拓馬 ミヤザキ タクマ
宮崎 拓馬
お客様のお部屋探しをご納得いただけるまで、親切・丁寧にサポートいたします。
arrow_upward