09:00 - 18:00
日曜・祝祭日
2018年11月13日
ブログ

函館の賃貸経営で成功する大家さんの共通点

賃貸のお部屋探しをしているお客様からよく聞かれることの中に、「大家さんはどんな方ですか?」があります。

不動産会社に管理を委託せず自主管理を行なう大家さんの場合です。大家さんの人柄もさることながら、不具合やトラブルが起きたときに、すぐに対応してくれるのかどうか、敷地や建物の美化に関するメンテナンスをきちんと行なってくれるのかどうか、ソコを知りたがっているのです。

函館の賃貸経営で成功している大家さんは、常に基本に忠実。

1)不動産会社に、賃貸アパートマンションの入退去情報をこまめに連絡する。空室が出たときばかりでなく、決まったときもすみやかに連絡してくれる。

2)貸室内のリフォームや修繕、また共用廊下や建物周囲の清掃・草刈りなど、細やかなところまで手入れや気配りが行き届いている

3)競合する賃貸物件の動向(家賃や募集条件、市場動向、サービスetc)をよく研究している。

4)不動産会社に積極的に意見や感想を求める。内覧後のお客様の反応から、貸室を決めるためのヒントや鍵を導き出す努力を怠らない。

5)故障や不具合が起きた時は、迅速に対応してくれる。いやいや対応する大家さんでは、不動産会社も離れていってしまいます。

 

常に高い入居率を維持し順調な賃貸経営を展開する大家さんは、不動産賃貸業をサービス業ととらえ、入居者の満足を第一に考えていることです。ここに紹介した事項は基本中の基本であり最低限のことですが、あたりまえのことを当たり前に行なうことが出来ない方が多いのも現実。成功する大家さんは、みなさん基本に忠実です。

大家さんばかりでなく管理会社の良し悪しも判断対象に。

お客様が気になる物件を見つけた場合で、大家さんの自主管理でないときいは、どこの不動産会社が管理をしているのかを尋ねてきます。

聞くと、お客様の経験で「あの会社が管理している物件には住みたくない」とか、「お宅なら安心ね」とか、そういう視点でアパートマンション選びをしている方が増えてきていることを実感します。お客様自身が過去に苦い経験をお持ちなのでしょう。

 

不動産管理を担うわれわれとしても、基本に忠実に、あたりまえのことを当たり前に行うことの大切さを再認識させられます。大家さんのみならず、管理会社としても常日頃から念頭に置いておかなければなりません。

この記事を書いた人
藤原 滋己 フジワラ シゲキ
藤原 滋己
ハウスメーカー勤務時代に、木造住宅の工事監督のちに住宅・アパート・店舗・寺院など様々な建築物の営業を経験しました。建築不動産の営業歴は通算22年。 安心かつ安全な不動産取引のために、これまで培ってきた知識や経験・ノウハウを、お客様へのサービスのために全力で提供します。遠慮なく何でもご相談ください。きっとお役に立ちます。
arrow_upward