09:00 - 18:00
日曜・祝祭日
2018年11月17日
ブログ

空室対策の答えは現場にあることが多い。大家さん、入居者アンケートを実施してみませんか?

賃貸アパート・マンションの空室が非常に増えています。


「だいぶ空室が目立つようになってきましたね?」


そうたずねても、「退去のタイミングが重なったから仕方ないのかな」「案内は入るんだけどなかなか決断してくれないんだよね」というリアクションが多く聞かれます。


「最近、不安を感じてきた」「何か手立てを打たなくては」という気持ちをぶつけてきてくれる大家さんはあまり多くありません。


まだまだ気持ちに余裕があるのでしょうか?それとも、正直な気持ちを打ち明けられないだけなのでしょうか?


現場に立つわれわれが感じている深刻な危機感をお伝えするにはどうお話したらいいのでしょうか?

今回はそんな思いの中から、真に困っている大家さんに向けてひとつ、いろいろな部分で参考になる対策をお話します。

賃貸アパート・マンション空室解消のヒントは現入居者さんが持っています

あなたの賃貸アパート・マンションに納得して入居をしてくれた入居者さんに、

「うちの物件のどこが気に入ったのですか?」

と聞いてみましょう。

 

長くあなたの賃貸アパート・マンションに住み続けているからこそ気づいている、古くからの入居者の皆さんには

「どこが、どう改善されたらより良いでしょうか?」

「使いづらいところはないですか?」

と日頃から投げかけてみるのです。
 

もちろん全てに対応することはできませんので「できることがあれば参考にしますので」と付け加えて置く必要がありますが

 

たとえば

「お部屋は気に入ってるんですが、屋外階段じゃなければもっといいんですが」

「前面道路に除雪が入らないので冬の朝が大変です」

「大通りに出にくい立地がマイナスですよね」

これらに直接的な対応は難しいですよね?

ただ、知ることは大事です。そんなマイナス面はあるけど、それを補う方法を考えればいいともいえますから。



反対に

「夏場に虫がでるので裏の雑草をなんとかしてほしいです」

「世帯数に対してゴミかごが小さすぎると思います」

「暖房設備がないから、引っ越しの時に費用面で躊躇しましたよ」

などのように意外とすぐ対応できそうなことも多かったりします。

これらひとつひとつは決定打ではないにしろ、地道につぶしていくことで間違いなくあなたの物件の魅力が上がっていくのではないでしょうか?

アンケート様式は難しく考えず。まずは実践です。

入居者さんの中には大家さんに気を使うタイプの方もいます。

逆に言いたいことがたくさんある方もいます。

どんなアンケート様式にすればよいか悩んでいると結局実施できなくなってしまいますので、まずは掃除のついでに聞き取り訪問でもいいかもしれません。

 

また、アンケートは聞きたいことが具体的にないとできないものでもありません。

便箋に「気付いたことを箇条書きで良いので教えてください。書き終わったら、大家宅か空室に○日までに投函しておいてください。」と書いてお渡しするだけでもいいかもしれません。

しつこくない程度に行っていくうちに、聞きたいこと、要するに課題が何となくわかり始めてくるでしょう。

 

耳の痛い言葉が返ってくるかも、と尻込みしますか?

でも、悪いことばかりではないんです。

「私たちはこういう理由で大家さんの物件に決めました」

その理由は、あなたの物件がほかの競合する賃貸アパート・マンションより秀でているところなのではないでしょうか?

つまり、磨き上げるべきあなたの物件の強みも見えてくるかも知れないのです。

ぜひ、実施してみましょう。
 

この記事を書いた人
宮崎 拓馬 ミヤザキ タクマ
宮崎 拓馬
賃貸管理という業務を通じて、日頃から多くの大家さんや入居者さんと接しております。その中で感じたこと、皆さんに是非お伝えしたいこと、何かの助けになれるように毎日ブログを通じて情報をお届けしておりますので、お気軽にお声掛けくださいませ。
arrow_upward