09:00 - 18:00
日曜・祝祭日
2018年12月11日
ブログ

賃貸物件のキッチンレンジフードから雨漏り?あわてる前にご確認を。

先日、管理物件の入居者さんから「昨晩、台所のレンジフードの中から水がポタポタ出ていました。雨漏りではないでしょうか?」というご連絡が入りました。

今回は、現地に赴き確認をした内容を参考に「こういったケースも想定されます」というブログを書きたいと思います。

水の侵入箇所は「壁・天板付近」?「排気ダクト内」から?

現地には上の画像のような「シロッコファン」という換気扇が設置されていました。

確認のためカバーとファンを外し、中を確認。

接写なのと、曇って見にくいですが下の画像のように丸型カバー内に水が溜まっていました。

 

内部に溜まった水は油が混じっており、かつ濡れている箇所はファン内部だけ。

外に出て来た水については、おそらくファンを回した際に飛び散った溜まり水が外へ垂れ出たのでしょう。飛び散りのあとが見受けられました。

最初の画像の矢印が指し示す箇所がダクトホースへつながる入口です。ここにあるダンパー(弁)という部品が油で固着し動きが硬くなっていたため「風の吹き込み」が多発していたと見受けられます。このダンパーも濡れていました。

つまり、ダクトホース内からの水の侵入と考えられるわけです。

これがもし、換気扇付近の天井面・壁面だったり、あるいはレンジフード天蓋内の天板からの漏水なら「屋根からの雨漏り」が疑わしくなってきます。

 

今回は、ダクトホース(換気扇と屋外排気口をつなぐアルミの蛇腹ホース)からの水だったわけですが、これはどういった原因でしょうか?

北国ならではの原因、「結露」「風雪の吹き込み」の可能性大。

あまり耳にしたことのないお話かもしれませんが、実はダクトホース内にも「結露」は生じます

↓結露が生じる原因については、参考に以下のブログも読んでみて下さい↓

結露が解消されない。賃貸暮らしの方は、もしかしてアレを忘れていませんか?
賃貸物件におけるカビ発生の意外な盲点!入居者の皆さん、こんなことにご注意ください。

また、北国の場合は屋外排気口から「風雪の吹き込み」も考えられます

「まさか?そんなに吹き込むもの?」と、私も思っていました。

でも設備業者さんや大工さんに聞くと、多くはないにしても目の当たりにしたことがあるそうです。

よく、建物と建物の間で雪が巻き上げられている現場を目にしませんか?

本来は雨の侵入を防ぐため下向きに開口している屋外排気口ですが、吹きあがってくる雪については入り込むことがあり、条件によっては相当量がダクトホース内に積もるそうです。

これが家人の帰宅と同時に温まった室温の影響で溶け始め、次の強風が吹きこんだ際にダクトホースを逆流しレンジフードから垂れてくる、そういったケースがあるそうです。

 

発生した際はあわてず、管理会社や大家さんに相談しましょう

この現象の原因として考えられるケースをご説明してきましたが、こういった場合に遭遇しても当人の判断だけで済ませず、落ち着いて管理会社や大家さんに状況を確認してもらいましょう。

今回の場合、水が垂れてきたのが在宅中のほんの数十分程度だったことからも「結露」「融雪水」の可能性大です。その程度で出切ってしまう水量だったわけです。当時、屋根の上には相当量の積雪がありましたから、雨漏りであれば持続的に水が侵入してくるはずですね。

大切なのは、まずはあわてずバケツや洗面ボールで水を受け、現場の状況を正確に管理会社・大家さんへ報告し、正しい対応をしてもらうことだと思います。

この記事を書いた人
宮崎 拓馬 ミヤザキ タクマ
宮崎 拓馬
賃貸管理という業務を通じて、日頃から多くの大家さんや入居者さんと接しております。その中で感じたこと、皆さんに是非お伝えしたいこと、何かの助けになれるように毎日ブログを通じて情報をお届けしておりますので、お気軽にお声掛けくださいませ。
arrow_upward