09:00 - 18:00
日曜・祝祭日
2019年01月09日
ブログ

函館での不動産屋さんの選び方|賃貸お部屋探し編

十人十色という言葉のとおり、人それぞれ好みがあって当然ですし、基本的に不動産屋選びについても第一印象や好き嫌いで選んで良いかと思いますが、現実は必ずしもその目利きが当たっているとも限りません。

日常的に、「あの人は目利きが高いね」というような使い方をされますが、ちょっと抽象的すぎるので、不動産屋さんの失敗しない選び方について、いくつかの基準をご紹介したいと思います。

どんな人たちが働いているのだろう?

不動産屋さんに限った話ではありませんが、そのお店(会社)が新しいとかお洒落だとかよりも、どんな人がいるかの方が気になります。

ヤンチャなお兄さんがいるのかな?誠実そうな人だろうか?実際にそこで働く人たちの顔ぶれが気になるのは消費者としては当たり前の心理です。

そういうときは、まずはその不動産屋さんのWEBサイトに行ってスタッフ紹介のページを見るとよいでしょう。スタッフ紹介ページにおいてイラストや似顔絵を掲載している会社より、顔写真の載せている会社がいいと思います。なぜなら、お客様が見たいのは、そこで働く人たちの素顔だからです。

経営方針や取り組む姿勢はどんなだろう?

入居後に何事も無ければ悩む必要はありませんが、お部屋の設備機械の故障や不具合、生活騒音の問題など、戸建の貸家と異なり集合住宅では入居者間のトラブルなども無いとは言えません。問題解決のために、不動産屋さんから大家さんに伝えてもらいたいこと、あるいは仲裁に入ってもらいたいことなど、不動産屋さんの役割は大きいはず。

部屋を決めるまでは親切だったけど、入居後に相談したら冷たかった。また、営業の人はよかったけど、管理部門の人の対応は悪かったなどなど。当社にご来店されたお客様に引越し理由を尋ねた時に、高確率で出てくる不満のひとつです。

では誠実に対応してくれる不動産屋さんをどのように選ぶか?
日頃の行いや取り組み方を見れば、だいたいその人のことがわかります。それには、そこで働くスタッフが書くブログを読むのが一番です。日頃、業務で感じたことや気付き、反省など、その人の言葉で綴られたブログほど人となりが汲み取れるものはありません。スタッフブログを読んでみると、きっとわかることがあるでしょう。

物件紹介の仕方にも現われる会社の姿勢

丁寧に紹介しているかどうか、この一点で会社の姿勢がわかります。掲載写真の枚数が多く詳しい紹介文で掲載している会社は、『忙しいお客様に代わって、お客様自身が納得の行くまでじっくり検討し、判断がつけられるように』との親切心や思いやりが根底に流れています。物件紹介の仕方を見れば、その会社のホスピタリティ(おもてなしの精神)がわかります。

 

この記事を書いた人
藤原 滋己 フジワラ シゲキ
藤原 滋己
ハウスメーカー勤務時代に、木造住宅の工事監督のちに住宅・アパート・店舗・寺院など様々な建築物の営業を経験しました。建築不動産の営業歴は通算22年。 安心かつ安全な不動産取引のために、これまで培ってきた知識や経験・ノウハウを、お客様へのサービスのために全力で提供します。遠慮なく何でもご相談ください。きっとお役に立ちます。
arrow_upward